乾燥肌 にきび

乾燥肌とにきび

にきびと乾燥肌は、一見関係ないように見えます。

 

実は、乾燥肌が原因でにきびができているという方も多くいるのです。

 

とくに大人の場合は、乾燥肌が原因でにきびができる方が多いようです。

 

にきびは、古い角質や皮脂などの老廃物が毛穴につまり、皮脂の通り道がふさがれてしまって、毛穴に潜んでいたアクネ菌などの細菌が増殖することでできます。
皮脂の通り道がふさがれてしまうことが一つの要因なのです。

 

乾燥肌は、肌の再生するサイクルが乱れて、皮脂の分泌と水分量が減っている状態です。乾燥肌になると肌の角質層が硬くなり、毛穴が開きにくくなって、皮脂の通り道がふさがれてしまうため、にきびができるのです。

 

乾燥肌の方のにきびは、乾燥肌のスキンケアをすることで治していくことが可能です。
肌に刺激の少ない石けんを用いて洗顔し、その後はしっかり水分補給する事が大切です。洗顔の際には洗いすぎると、皮脂がとれて、乾燥肌へと移行させてしまうのでよくありません。たとえば、長寿の里「つかってみんしゃいよか石けん」などの自然由来の石鹸を使うようにしましょう。正しいスキンケアで水分補給と保湿をしっかりしていれば、乾燥によるにきびは改善していきます。